収納は「トライアル」の連続

家の中の詳細な収納例・アイデアをご紹介するにあたって、少しでも参考になれば嬉しいですが、その際忘れてはいけないのが、一度収納を改善したら終了ではない、ということです。使い勝手のよい収納になったかどうかは、実際に自分で使ってみないとわからないからです 。「奥に入れたあれを使う機会が思ったより多かった」、「ラックをこう入れてみたけど取りにくかった」など、暮らしてみて初めてわかることは想像以上に多いものなんですよ。一度大きな改善をしていれば、 その後の「ちょこちょこ変え」はそれほど手間ではありません。変えてみる一時の面倒より、そのあとに長く続く生活の快適さの方がよっぽど大きいのです。そして改善を繰り返すたび、モノと収納に対する感覚は研ぎ澄まされていきます。快適を追い求めること。どうにもならないと諦めないこと。それが何よりも大切です。