洋服を残す判断

心がときめく洋服があればそれだけで良いのです。
そうすることで毎日に喜びがうまれ、その洋服を着てる自分が好きになれます。妥協するのではなく、自分が最高と思える洋服に袖を通しましょう。

自分にとって必要最低限の洋服枚数を知るのも、大切です。
洋服が増え続ける人は、自分にとってどれほど洋服が必要かが分かっていないことが多いです。考えたこともない人が多いのでは?
毎日の生活を思い返せば、自分が生活の中でこれだけ洋服があれば着まわせると分かるはずです。
必要のないものとはさよならして、どこに何があるか分かる状態にする。そうすることでアイテムを探す時間が減り、
お気に入りのコーディネートを楽しむ時間と心の余裕を手にする事が出来ます。