不用品をまとめるのに使える結び方(1)南京結び

不用品回収に出すためには、荷物の種類によってはしっかりとロープなどで固定しなくてはなりません。そんな時に使えるロープワークの一つ「南京結び」は、大きいものや重いものをしばりつけるのに最適です。「輸送結び」は多くのものを纏めるのに適しています。また「もやい結び」は結び終わった後も微妙に調節しやすいのが特徴で、長い長い運送をおこなう場合に便利な結びです。これらの結びに共通するのは、緩まないように引きしめることです。崩れないようにしばりつける結びとしては当然の工程なのですが、ロープワークには他にも様々な結びが存在し、それらの中には固定が目的ではないものもあります。例えば箱を十字に縛る「巻き結び」は目にしたことがおありなんじゃないかと。「ふた結び」は末尾をもう一度結ぶ、ユニークなロープワークです。